admin のすべての投稿

カナダ

朝、アメリカ合衆国とカナダの国境へ。
カナダの入国審査官がバスに来て全員のパスポートと顔を確認。ツアーマネージャーが事務所へ出向いて手続きする。先にビザの申請がすんでいたので問題なく通過。

ところで、今回のツアーは2バンドで1台のバスをシェアーしています。ちなみにバスに一緒に乗っているのは、ツアーマネージャー(カナダ人)、ステージマネージャー(カナダ人)、ツアーのオーガナイザーの一人で今回Merch(物販)もしてもらっている女性(アメリカ在住の日本人)、The Juliet Daggerの中心メンバーの女性(アメリカ人)それからバック演奏の20代の男の子3名(アメリカ人)そしてナイフの3名です。みんな良識があって、いい人たち。ロケンローな、酔っ払って暴れるような人がいないので安心。

昼過ぎカナダのトロント着。まずは洗濯。ホテルから歩いて15分ちかく、たまりにたまった洗濯物を持ってコインランドリーへ。洗濯中に昼食。ちょっとフェイクなタイ料理だった。そのあと乾燥機にかけてその間はコーヒーやさんで抹茶ラテをいただく。抹茶ラテが北米ほぼ全土で飲めるようになっているのは驚きだな。

ホテルに帰ってパソ仕事と休憩して夕食は一緒に旅している面々などと日本風居酒屋メニューのあるレストランへ行った。


ボストン着

null

昼ごろボストン着。宿に入ってe-mailインタビューの返事やらの仕事して昼ごはん食べに行こうと思ったら、ホテルの周りに何もなし。

ルームサービスがあったので利用。ボストンらしいシーフードメニューがあって、クラブケーキサンドイッチ(カニの身のコロッケみたいなのがハンバーガーみたいなパンに挟まっている)やクラムチャウダーをみんなでわけて食べた。おいしかった。

会場に行ってサウンドチェックを手短にした。会場併設のレストランは中東料理の店で、そこで夕食。ピタパンで野菜と豆腐にゴマドレッシングをかけたものを包んであるというサンドイッチ。楽屋がないのでバスで身支度して本番。

いつもステージのMCでおもしろいこと言ったときにお客さんがウケてくれるのが愉快です。英語で言うほうがなぜかおもしろいことすらすら言えてるな。なんでや。

時間的には寝ているはずだけど、ライブ前、バスの椅子に座っていたら寝てた。夜中1時に出発してトロントへ向かう。

(写真はWashington DCの物販コーナー)


ホワイトハウス

null

この日はほんの5時間弱でWashington DCに到着。いったんホテルに入って、夕方まで時間があるのでメンバー3人で昼食後、ホワイトハウスを見に行った。

ホテルから往復1時間以上歩いたのでいい運動になったな。ホワイトハウスの前には世界各国から観光客が見学に来ていて、さまざまな言語が飛び交っていた。そして、さまざまな国の人がカメラのシャッターを押し合っていた。わたしたちも写真を撮ってあげたり撮ってもらったり。帰り道、会場に行ってしまったバスの中から着替えのTシャツをホテルに持ってくるのを忘れたので、お店で購入した。

サウンドチェックのため、会場へタクシーで行った。この会場は前回も出たところ。楽屋でまかないをいただく。ラザニアとサラダ。バスの移動時間が短かったので十分寝ていなくてさらに、散歩して疲れていたせいで楽屋の椅子に座って気がついたら寝てました。

ここはキャピトルシティーだけあってかお客さんの日本語への関心も高いらしく、ライブ中、日本語で声をかけてくれる人も多かった。ライブ終了後サイン会をして夜中の2時にBostonへ出発。


タイ料理

null

Brooklynに昼ごろ到着。行ったり来たりの行程で移動距離が長い。サウンドチェックして夕食はタイ料理。アジア人のわたしにはアジア料理がおいしい。この日の会場はできてまだ一年たってないらしくてきれい。

楽屋も3つあったし、ステージの背中の壁には消音スポンジが張ってあるし。ライブはいつものように楽しく無事終わってまた夜中の3時出発でバスに乗り込み、ワシントンDCへ。せっかくNYに来て、巷の商店はThanks Giving翌日の一大セールやってるっていうのに、どこへも行く時間ないのさ。


BuffaloでDay off

null

この日はBuffaloでDay off(休日)と言っても前日の晩ライブがあって、夜中の3時ごろ就寝し、朝起きてその日の夜中3時にはもうバスで出発しないといけないんだけどね。粉雪が五大湖からの風に舞っていて、寒い寒い。

この日が休みの理由はもうひとつあった。Thanks Giving(感謝祭)なんですわ。アメリカの祝日で、ほとんどの人は家族と伝統的なお料理を食べて過ごす日。外のお店はほとんど休み。ただでさえホテルの周りはお店がないのに全部やってないわけで、早速昼食難民になった。かろうじてコーヒーやさんが開いてて甘い甘いケーキは買えたけど。

夕方までホテルの部屋に居てそのあとBuffaloの知り合いの家族の家に招いてもらってThanks Givingのお料理をごちそうになった。

なんだかホームステイしてる留学生みたいな気分。ごちそうさまでした。七面鳥の丸焼きやらマッシュポテト、アップルパイ、パンプキンパイどれも手作り。おいしかったです。夜中2時ごろバスに乗り込み、8時間かけてBrooklynへ。