レコーディングレポート第16日。

2004年10月26日。朝、道は込んでいた。Traffic Jamだ。雨で月末だからか。朝いちで「森林浴」のVo.にトライするも声ががらがらしてたので、「Rock Society」(英語バージョン)を歌った。そしたら上手くいった。昼ごはんは目指す中華料理屋さんが定休日だったので、別のお店に入って「豚のしょうが焼き定食」を食べた。テニスするようになってからゴハンをきっちり食べるようになった。ちなみに体重は変わってませんが。ともかくおいしかったです。昼からギターと「世界地図」(英語バージョン)やって「森林浴」のギターやって本日は終了。昼ごはんを食べに出たついでに「のど飴」を2種類購入。一つは「カテキン」入り緑茶のど飴。おいしい。もう一つは素朴なパッケージのれんこん入りのど飴。これはメントール、ハーブも入っていてとてもおいしい。のど飴をお湯に溶かしたものを飲みながら、喉のコンディションを整えつつ歌った。んじゃ。


レコーディングレポート第14日。

null
2004年10月22日。午前中にスタジオに入ってギターの音をセッティング。お昼ごはんは「そば弁当」。そのあと、つい先日完成させた歌詞、「Anime Syndrome(仮題)」改め「Anime Phenomenon」のギター、英語のガイドボーカルを録音。「Broccoli Man」日本詞Vo.と英詞Vo.「The Queen of Darkness」の英詞Vo.(これは英語のみ)「Giant Kitty」の英詞Vo.を録音。夜八時ごろまでかかった。一日に4曲も歌を録音した。これはスゴイ。パンクだ。歌の録音はカラオケ歌っているように楽しい。ハーモニーをしたりするのも面白い。密度が濃ゆーい日だった。
写真は、ブロッコリーマンの絵です。


レコーディングレポート第13日。

2004年10月21日。うはー、レコーディングももう13日目かー。ちょっと予定が混んで来た。ぐはー。一昨日、やっと最後の一曲の歌詞が完成。厳密に言えばまだ英訳しないといけない歌詞が二つあるんだが…。
今日は、「Giant Kitty」のギターと日本語の歌、「ブロッコリーマン」のギターを入れた。ギターのアレンジが難しくて、なんとなく能率の悪い日だったかも。でも、こんな日もあるさ。昔からするとすごくレコーディングするのが早くなったもんな。
12月の日本でのライブの準備はもちろんだけど、来年2,3月の北米ツアーの準備もたいへんだぁ。ビザをとらなくちゃいけないから。
明日もレコーディング。ぐいぐい、やるぞォー。


独り言

週末〜週明け、レコーディングがお休みだったので、録音した曲の英語バージョンラフミックスをCD-Rにして聞いていた。

「Strawberry Sound」のナンデモロックを発展進化させた「Heavy Songs」(←ホントは凄いことやってんだぜ!あとは歴史が証明するだろう!)、今の「日本のロック」に照準を定めた「Candy Rock」、そのどちらとも違う世界。

少年ナイフは聞き込めば聴き込むほど、いろんな世界を提示してくれるバンドだと思う。みんなはナイフのどのアルバム、どの曲が好きですか?

ワケあって、ナイフの初期4部作、「Burning Farm」「山のアッちゃん」「Pretty Little Baka Guy」、「712」を改めて聞き返す機会があった。それぞれのアルバムについては「Now on sale」ページの解説にあるとおりなんだけど、個人的には「Pretty Little Baka Guy」が少年ナイフのコンセプトを決定付けたという意味で、初期ナイフの最高傑作だと思っている。

そして今作!「第2期」少年ナイフの「Pretty Little Baka Guy」な作品になりそうです!いや、ホントお楽しみに!

台風直撃の大阪より T☆H しばた


少年ナイフのメンバーによるブログ。世界中を飛び回る少年ナイフのワールドツアー日記など、内容盛りだくさん!

Return to Top ▲Return to Top ▲