from NY

どこまでメッセージ書いたっけ。ともかく、シカゴ、クリーブランド、フィラデルフィア、そしてニューヨーク3連発ライブしました。これ、全部連続でやってます。明日はカナダのモントリオール。うわっ、またまた7日連続ライブだー。

ともかく、10月22日、シカゴでライブやって次の日、超ロングドライブでクリーブランドへ行って、ライブ。そしてまた次の日、長い長いドライブでフィラデルフィアへ行きライブ。ライブが終わってそのまま車で2時間ほどかけてニューヨークへ。着いたら夜中(朝?)の4時を過ぎていた。

次の日は昼過ぎからサウンドチェックしてライブ。ライブは夜の11時半スタート。で、その次の日、つまり今日(あ、もう昨日になっちゃった)は朝起きて在ニューヨークカナダ領事館へ行ってビザを取得。
なんだかんだで、これに4時間もかかっちゃったわー。そのあとランドリーで洗濯していたらもうサウンドチェックの時間。ということで、せっかくニューヨークに来たというのに、何も見れず、どこへも行けず、何も買ってません。とほほ、まーいいけどさ。

そしてライブ。大盛況で嬉しかったっす。(N.Y.でのライブ様子は「Message from STAFF」欄を見てください。)
あしたは朝10時15分ホテルを出発だけど、今もう夜中の3時。ああ、ますます睡眠不足だー。では、明日、モントリオールがんばります。ボンジュールモントリオール。


NY−The Knitting Factory初日 その3

null
歓声と拍手に迎えられ、メンバーがステージに上がる。いつもの「KONNICHIWA」でライブスタート。

バンドのコンディションは今日もバッチリ!タイトな演奏で曲を進めていく。
「一番新しいアルバム、HEAVY SONGSは聴いてくれた?」(もちろん英語です)と直子さん。続いて「A Map Master」から新曲が演奏される。「Rubber Band」ではあの「ラババン、ラババン、ラバラバラババン」のパートでみんなが一緒になってかなり盛り上がる。

「コブラvs マングース」で場内のテンションもピークに達し本編終了。鳴り止まない拍手の中、アンコール「アントニオバカ貝」でライブを締めくくった。

NY – The Knitting Factory The First day #3
Members of the Shonen Knife appeared on the stage with enthusiastic applause starting “KONNICHIWA”. They were in perfect condition also today! They were going on with their steady performance. Naoko asked the audience, “Have you tried our new album, Heavy Songs yet?” following “A Map Master” and some new songs. When the song, “Rubber Band”, started, the place really came alive with shouts, “rubber band, rubber band, rubber rubber rubber band!” accompanied. The tension at the place reached its peak by the last song, “Cobra VS Mongoose”. In a storm of applause, they played “Antonio Baka Guy” as an encore finally.


NY−The Knitting Factory初日 その2

null
3番目に出演したModey Lemon。編成はボーカル&ギター&シンセ、ギター&シンセ、そしてドラムの3ピース。
サウンドはストゥジーズにエレクトロな要素をミックスした感じで、ハードなステージングを披露。いや、かなりカッコよかったッス。皆さん、要チェックですよ!!

尚、このModey Lemon、シカゴ公演からフロントアクトを務め、10月30日カナダのトロント公演まで一緒に周る予定。

NY – The Knitting Factory The First day #2
The third act was the Modey Lemon made up of three pieces;
Vocal, guitar and synthe.
Guitar and synthe.
Drums
The sound was so cool!
The Shonen Knife is touring with the Modey Lemon from Chicago through Toronto on Oct.30.


NY−The Knitting Factory初日 その1

null
今日と明日はニューヨークのマンハッタンにあるThe Knitting Factoryでの2日公演。

日本と違ってこちらではいわゆる「ワンマン」ライブというのは少なく、メインアクトとフロントアクト(前座ですね)何組かが出演するという方式が基本だ。

さて、今日のフロントアクトはSecret Weapon、Hang On The Box、 Modey Lemonの3バンド。

写真は1番手の女の子3人組Secret Weapon。
そろいのコスチュームでグランジ以前のアメリカンパンクバンドからの影響を伺わせるサウンド(わかりにくい表現でスミマセン…)。初々しさを感じさせるステージは観客からも暖かい拍手を受けていた。

Oct. 27, 2003
NY – The Knitting Factory The First day #1
Two day acts at The Knitting Factory, Manhattan, NY from today.
Usually a live performance of the US and Canada makes up of a main act and some front acts, not like that of Japan.
Today’s front acts are;
Secret Weapon (above), Hang On The Box and the Modey Lemon.
Secret Weapon is a band with three women in costume of the same cloth. The sound of them is influenced by American punk bands of ante-grunge rock. Their fresh act was received warm applause from everyone at the venue.


NY SOUTHPAW その4

null
そして、ナイフ登場!キャパ400人の会場はほぼ満員。前の出演者たちの熱演もあって、お客さん、すでに出来上がってます!

「マンゴージュース」が流れる中、メンバー登場。一曲目、「KONNICHIWA」からぐいぐい引っ張っていくナイフ。
特に印象的だったのは、続けて演奏されたこちらでは新曲の「A Map Master」「アー アー アー」「Golden Years Of Rock’n’ Roll」が好評だったこと。

アンコールの「The Top Of The World」「BANANA CHIPS」まで17曲!ツアーで磨かれた貫禄のある演奏で、NYの初日を軽くノックアウトでキメた感じでした!!!

NY SOUTHPAW #4
With the sound of Mango Juice”, members of the Shonen Knife appeared! The venue was almost full with 400 people excited by the enthusiastic performance of previous bands.
The Shonen Knife leads the audience firmly with the first song, “KONNICHIWA”. New songs, “A Map Master”, “Ah Ah Ah” and “Golden Years of Rock ‘n’ Roll” were popular impressively. It was a performance of a great presence polished by live experiences of this tour with seventeen songs through encores, “The Top Of The World” and “Banana Chips”.


少年ナイフのメンバーによるブログ。世界中を飛び回る少年ナイフのワールドツアー日記など、内容盛りだくさん!

Return to Top ▲Return to Top ▲