2月13日(金) 名古屋TOKUZO from USA Tour 2004 Winter

null
お帰りなさい、少年ナイフ!昨年、久々に敢行され大成功に終わったナイフのアメリカ&カナダツアー以来となる「from USA tour 2004 winter」が名古屋から始まった。

TOKUZOでのライブ、初めに登場したのは直子さんが主宰するレーベル「Burning Farm」からアルバム「biscommunication」をリリースしたアーデル。バンドの良さは押して計るべし、NHK-FMのカリスマ番組ライブビートにも出演を果たすなど、今後の動きに要注意!

続くthe ARROWSは地元名古屋で現在動員No.1を争う注目株!ギター2本の繊細なアプローチとナイーヴなヴォーカルが独自の音世界を創り上げる。

そしてナイフ登場!演奏が始まったしょぱなから場内、盛り上がってます。そのうちモッシュも発生するなど、いつになく熱いノリに。メンバーの調子も絶好調で、最後まで一気にぶっ飛ばした感じでした!

Set List:1. Konnichiwa/2. Flying Jelly Attack/3. A Map Master/4. E. S. P./5. マスコミュニケーションブレイクダウン/6. ガールズロック/7. クロスワード/8. Rubber Band/9. コンクリートアニマルズ/10. Mysterious Drug Store/11. インセクトコレクター/12. I Wanna Eat Chocobars/13. I Am A Cat/14. A. A. A./15. Banana Chips/16. オレンジの太陽17. Buttercup18. Riding On The Rocket/19. Cobra vs Mongoose:アンコール1. Chinese Disco/3. Bear Up Bison


もろもろ。

ライブのSet List(曲順)は、載せさせてもらいますわー。データとしてわたしのパソコンに入れてるんで。
それから、「セサミ」の歌詞はアルバムに載ってるよ。でも日本語だけどさー。「sesame」’s lyrics are printed in the album jacket. It is written in Japanese, though…
ところで、ここんとこ2泊3日でカナダの友達をうちに泊めてあげた。昨日はナンバへ行って、相撲の立ち見券を買おうとしたけど売り切れててあきらめた。千日前道具屋筋をぶらぶらしたりした。今日は自転車で近所の神社を見に行った。雨だったけど。うちには予備の自転車があるんっす。


歯が痛いのは一日で治って、今度は喉が痛い。(いろいろうるさいヤツだ。まったく。)ここ4ヶ月ぐらいずっと風邪がすっきり治らないのッス。免疫力が弱っているんだよなー。寒いのに外でテニスしてたからかな。がはは。
春は観光シーズンです。海外のお友達の観光来日ラッシュ。どんなところに行くのがおもしろいかなぁ。やっぱ相撲見に行くのがいいかな。


相撲

先日「大阪場所」を見に行った。かつてのように毎日が満員御礼ではなくなって入場券が簡単に買えるようになったので、ふらっと行くことにした。大阪府立体育会館に入ると、バニラの匂いのような鬢付け油の香り。うーん、いいにおい。そして元関取だった親方たちが紺のジャンパーを着てチケットの販売、モギリ、場内整備なんかをやっている。こちらとしては、かつてのスターを直接見れるのだからいいけど、なんだか不似合いなような気がしないでも…。しかし、相撲は国際的になったもんだ。モンゴル、グルジア、韓国、アメリカ、エストニア…。体育会館の前でソップ型白人力士が立っている。あとからわかったけど、ブルガリア出身の琴欧州だった。それならいっそオリンピックの競技種目にならないかなぁ、なーんて。女子相撲なーんてのもいいかも。ま、そんなわけでその日とっても相撲を堪能しました。(まとめが早い。)


今日はちょっと歯が痛いです。(T.T);
しかし、この記号絵というか記号文字というか、これって面白いよね。
(’o’)/ (0_0) (*_*) m(^_^)m (@_@) (aUa) などなど。


少年ナイフのメンバーによるブログ。世界中を飛び回る少年ナイフのワールドツアー日記など、内容盛りだくさん!

Return to Top ▲Return to Top ▲