「From Staff」カテゴリーアーカイブ

2/12 OFF THE WALL in OSAKA ライブレポ

noodlesが主催するイベント、OFF THE WALLへの出演となった2/12(土)大阪十三ファンダンゴ。

トップバッターには難関をくぐり抜け、フジロックのルーキー・ア・ゴーゴーに出演を果たした経験もあるanimanimusが登場。

フォトジェニックなVo&Gをしっかりと支えるB,Dr(♂)の3人組フロム大阪。ニューウェイブの匂いも感じさせるサウンドで場内もいい感じに盛り上がります。

そして、少年ナイフの登場!

関西では今年初ライブとなる今回のステージ。いつにも増してハードなサウンドで飛ばしていきます。

セットも大詰め、ピラミッドパワー~アントニオバカ貝で場内爆発!皆さん、盛り上げてもらってありがとうございました!

イベントのトリはnoodles。説得力のある確かな演奏で素晴らしいステージを展開。お越しいただいた皆さんはもとより、出演者としてとても楽しく&盛り上がったイベントでした。

set list….

1. バナナチップス / 2. A Map Master / 3. Twist Barbie / 4. Perfect Freedom / 5.    Girl’s Rock / 6. Devil House / 7. BBQ Party / 8. Sushi Bar Song / 9. E. S. P. / 10. Super Group / 11. Ridding On The Rocket / 12. Pyramid Power / 13. Antonio Baka-Guy


1月23日(日) 下北沢GARDEN – BAD GIRL ROCK ! –

少年ナイフ、2011年の初ライブは下北沢GARDENで行われたBAD GIRL ROCK!。

このイベントはシーナ&ザ・ロケッツのシーナさんがオーガナイズするガールズイベント。

各バンドの出番前にシーナさん&鮎川さんが一言コメントして呼びこんでくれるというスタイル。

ライブはまず、紅一点のボーカリストLUCY率いるFOXPiLLからスタート。キレのいいプレイで場内を盛り上げます。

続いては今、話題のキノコホテル。パンチの効いた演奏で独自の世界観を披露。ステージパフォーマンスも激しく、ノックアウトされた人続出!

さて、お次は少年ナイフ。シーナさんがこんなコメントで紹介してくれました!

「BAD GIRL ROCK!へようこそ!BAD GIRLは世界を変える。次はね!結成、今年で30周年になる…スゴイ尊敬する…ロケッツはちなみに33年よ。凄いでしょ。ホントにねバンド続けるって凄いことよね。その大尊敬するバンド、大阪からやってきた…少年ナイフ!!」

!!!恐縮です!!!

カピバラのSEにのってメンバー登場!A Map Masterからアントニオバカ貝まで13曲。ゴキゲンにぶっ飛ばしてきました!

イベントのトリはシーナ&ザ・ロケッツ。ロックンロールマナーを知りつくしたステージ!シーナさん&鮎川さんカッコ良すぎです!!

終演後はガーデンにて打ち上げ。シーナさん、鮎川さんはもちろんロケッツの皆さん&スタッフの皆さん、とても気さくな方ばかりで、感激。

素敵なイベントに誘ってもらって、ありがとうございました!!

Set List

1. A Map Master / 2. バナナチップス / 3. Super Group / 4. Girl’s Rock / 5. Devil House / 6. BBQ Party / 7. すしバーソング / 8. I wanna be sedated / 9. E. S. P. / 10.  Buttercup / 11. ロケットにのって / 12. Perfect Freedom / 13. アントニオバカ貝


10月31日(日) 十三ファンダンゴ

少年ナイフもお世話になっているライブハウス十三ファンダンゴの23周年記念とナイフも関わる大阪ロックデイのWネームで開催された今回のイベント。競演は385、F.I.B、片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティといずれも強力なライブパフォーマンスが自慢のバンドばかり!

この日はハロウィーンということもあって、少年ナイフはパーティモードで出演!北米ツアーでライブを重ねてきただけあって、演奏もよりタイトに!
慣れない衣装にちょっとしたハプニングもありましたが、普段とは違ったステージングで楽しいライブになったのではないでしょうか?

次回のライブはSold Outとなった11/6のKIDSイベント。そしてお次は!!!久々のワンマン!Space X’masです。皆さん、ぜひお越しください。


北米ツアー2010、スタート!!

いよいよ始まりました!少年ナイフの北米ツアー2010!

今回は9月8日(水)シアトル・Tractor Tavernから10月2日(日)バッファローのMohawk Placeまで22公演。

奈良美智さんの展覧会が開催中のニューヨーク、Asia Society and Museumでのライブやカナダはモントリオールのフェス、Pop Fest Montrealなどのイベント出演も含めて、各地でナイフ旋風を巻き起こしてくれることと思います。

現地からの情報が届き次第、このブログでもお伝えしますのでチェックしてみてください。


中国&台湾ツアーレポートその4

8月22日(日)、上海から台湾へ移動するべくホテルを出ます。

ライブの出演時間に関しては、遅い順に→アメリカ0:00頃>欧米=中国&台湾22:00頃>日本19:00頃、という感じで、夜が遅い分、朝の移動がキツくなってきます。

上海の滞在では空港⇔ホテル⇔ライブハウスの移動だったので、上海万博どこ吹く風、ほぼ「ここは何処?」状態でした。

かろうじて空港へ向かう車窓から上海万博メイン会場の屋根が見え、反対側に目をやるとおそらく入場ゲートなのでしょう、「もんの凄い」長蛇の列と駐車場を埋め尽くす観光バス。上海にいたことを実感した瞬間でした。

上海→台湾は飛行機での移動時間は約1時間30分。

チェックインカウンターのお姉さんに「その有無」を確認して→朝ご飯をガマンして→機内食が出てきました。選べる2種類、皆さんならどちらを頼みます?因みに、どちらも美味しかったですよ!

再び、台湾の桃園空港へ。今夜出演するライブハウス「The Wall」のスタッフが迎えに来てくれました。

空港から台北市内までは車で30分強。そのまま、リハーサルへと臨みます。

ライブハウスは映画館などが入っている複合ビルの地階。バーン!とポスターも作ってもらっています。

昨日の上海・夢工場、そしてこのThe Wallも冷房がガンガンに効いています。ほとんど冷蔵庫の中状態です…。

今夜のライブは台湾から2バンド、日本からはMASS OF THE FERMENTING DREGS、bloodthirsty butchers、そしてナイフの5組が出演。プチフェスティバルなプログラム。

The Wallのスタッフは皆さん、度々フジロック観戦などで来日されているらしく、日本の事情にも詳しかったです。

リハーサルも無事終了し、一度ホテルへチェックイン。休憩後、再びライブハウスへ。

ちょうどMASS OF THE FERMENTING DREGSのステージが始まるところでした。客席はお客さんがいっぱいで熱気を感じます。MOTFDは台湾でも若いファンを中心に凄く人気がある様子でした。

そして、bloodthirsty butchers。ナイフとはよく一緒にライブをしたりで、メンバーとも旧知の仲。今回の台湾公演も実は彼らのお陰で実現したところが大きいのです。

ブッチャーズはこの地で確実にファンの人をつけていて、客席とステージにすごくいい雰囲気が流れていました。

りつこさん&えみさんも、ステージ袖からブッチャーズのライブに熱い視線を注いでいます。

そして、ナイフの登場!

この段階で時間が23:00過ぎということもあってか、帰路に付くお客さんが増えてきます。(・・;)

しかしながら、ステージではいつものナイフワールドが炸裂!この日初めてナイフを知った方も多かった事と思いますが、曲が進むにつれ場内もヒートアップしていき、最後にはかなりの盛り上がりを見せたお客さんの反応に、何よりこの日のステージが現われていたと思います。

さて、ライブ後はThe Wallのスタッフに連れて行ってもらって、MASS OF THE FERMENTING DREGS、bloodthirsty butchersと打ち上げ!

台湾料理のレストランはどのメニューも美味しく、バンドのメンバーと和気あいあいで楽しい一時。あまりのリラックスモードで写真撮るのを忘れました。(・・;)

あっという間に終わったツアー。呼んでくれたスタッフの皆さん、そしてご来場いただいた皆さん、ほんとうにありがとうございました!近いうちにまた来たいと思います!!